NEWS ASHIYA reform

防音対策リフォーム 隣の生活音はどこまで許せる?

Reform 2018.2.5

マンションリフォームのご依頼をいただいたお客様の中には、
騒音対策については特に念入りに計画しておきたい、という方がたくさんいらっしゃいます。

騒音についての問題は、
マンションを購入する前から気になっているという方がほとんどです。
下の階や隣の住人の音が気になるんじゃないかと、
生活音のについてのトラブルはとてもデリケートです。
時には家の購入を考え直すほど、重要項目だと言えます。


実際、戸建て住宅に比べて、
住戸間の界壁を共有するマンションの場合は、
音のトラブルが起こりやすいと言えるのですが、
あらかじめ防音対策をしっかり考えたリフォームをしておけば、
それほど大きな問題ではなくなります。

また、生活音の問題は、自分自身が迷惑をかける側に
なるかもしれないという危険性も含んでいます。

周辺からの生活音に悩まなければ、
自分の家からでる音にはお構いなし、
というわけにもいきませんよね。

自分の家からの音漏れを防ぐだけではなく、
他人にも迷惑をかけないための配慮が防音対策だというコトなんです。

このように生活音に配慮することは、
マンションのような区分所有物件に住む人にとって、
とても大切な心構えといえるかもしれません。

特に、小さなお子さまがいるご家庭なら、
入念な防音対策はリフォーム項目の中でも、
優先順位の高い工事になりつつあります。

デザインだけでなく、
機能が高く性能が良いリフォームが
求められる時代になってきました。

ちなみに多くのマンションでは、
床材の防音等級が規定されていますが、
この等級を満たした素材を使用していても、
騒音トラブルが起こってしまうことがたまにあります。

何故このような問題が起こるのかというと、
生活音はいろんな場所から漏れて伝わってくるからなんです。

特に、音漏れの原因となっているのは、窓等の開口部です。
生活音によるトラブルを防ぐには、
床、壁、天井の下地や仕上げ材のほかにも、
窓や吸排気口等の開口部に対して防音対策を施しておく
必要があります。

特に、築年数の古いマンションだと、
開口部からの音漏れが起こりやすい傾向にあります。
ですので、防音対策に費用をかけるなら、壁や床だけでなく、
開口部への対策も含めた総合的な防音工事をやっておくのが効果的です。


コストについては、
現状の仕上にプラスするだけで効果の期待できる簡単なモノから、
下地を剥がしてやりなおす必要のある、本格的なものまで様々です。
どの程度の工事をすればよいかについては、ご自宅の現況と周辺環境を把握して、
それに応じた工事を見定める必要がありますので、
費用対効果のある工事をするには現場調査が必須となります。

また、どのくらいの音を騒音と認識しているか?については、
個人差の大きい問題でもあります。もし、生活音対策としてのリフォームをお考えの際は、
不快に感じる音の大きさについて、再確認してみてはいかがでしょうか。

ご自身の許容範囲を認識するちょうど良いキッカケになると思います。


カテゴリー

AREA対応エリア

対応エリア

兵庫県対応エリア

神戸市(中央区・灘区・東灘区)、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市

大阪府対応エリア

池田市、豊中市、箕面市、吹田市

関東対応エリア

渋谷区、目黒区、品川区、港区、世田谷区、中野区、杉並区、大田区

※設計のみのご相談は、全国対応可能です。

CONTACT

[ リフォーム・中古物件&リノベーションのご相談 ]

0120-227-757

0120-227-757

受付時間:9:00-19:00 / 定休日:毎週 水・木曜日